共済の対象である自動車につき、自動車事故により発生した法律上の損害賠償責任を負担したことによる損害のてん補、及び自動車事故により生じた傷害に対して共済金が支払われます。
      近年、自動車事故の件数は、全国的に増加する傾向にあり、かつ、対人・対物ともその賠償額が大幅に上昇してきております。
      万一の事故に備えて、本会が行う「少ない掛金で万全の補償が得られる」自動車共済に是非ご加入ください。

      共済契約期間は、契約の効力が発生した日から1年間です。
      共済掛金と補償内容は、1台ごとに次のとおりです。


      (注)補償内容はセット式になっており、対人・対物賠償その他を別々に契約することはできませんので、ご注意ください。

      事故の大小、対人・対物事故にかかわらず、本会の査定専門員が万全の示談交渉サービスを行います。

    ①  共済契約者

    ②  共済契約者の配偶者

    ③  共済契約者と同居の親族

    ④  共済契約者の承諾を得た者

      共済契約は、申込みの日に成立し、その日の属する月の翌月1日から効力が生じます。
      ただし、共済契約の成立から効力が生じる日までに共済事故が生じた場合には、契約が成立した申込日に効力が生じたものとみなして、補償されます。

    1  共済掛金の払込方法及び払込期間について

    ①  共済掛金は、年払いで、加入申込書に添えて納めていただきます。

    ②  共済契約を継続する場合は、共済契約の満了日までに、共済掛金を納めていただきます。

    2  解約と共済掛金の払戻しについて

    ①  共済契約者は、いつでも、共済契約を解約することができます。

    ②  共済契約期間の中途で解約されたときは、所定の金額を払い戻します。

    次の場合は、速やかに市の担当課(係)又は本会へ連絡していただき、所定の手続きをお取りください。

    ①  被共済自動車の代替として、新たに自動車を取得したとき

    ②  被共済自動車の用途、若しくは車種を変更し、又は自動車の登録番号を変更したとき

      新規に自動車共済又は火災共済事業に加入するときは、出資金として1口50円を拠出していただきます。
      なお、いずれか一方の共済に既に加入している場合は、出資金を拠出していただく必要はありません。

      毎年度決算において剰余金が生じた場合には、総代会の議決を経て、法定準備金等を控除した残余金を利用分量(契約台数)に応じて割戻し、これを出資金に振り替えます。
      なお、脱退の場合には、出資金の全額を払い戻します。

    ※契約者の皆様が、次の理由により本会を脱退する場合は、市の担当課(係)又は本会へご連絡ください。
      ①  契約者が退職した場合
      ②  契約者が死亡した場合
      ③  契約者が本会共済事業を利用しない場合